後遺障害を負う可能性

交通事故による被害は、単なる怪我では終わらない場合があります。それが、後遺症のように症状が後に響いてしまう場合です。

事故による後遺症(後遺障害)は等級によって分けられるようなものですが、等級においてどの級に認定されるかというのも、賠償には関わってきます。たいてい、こういった問題は加入している保険会社が対応するものですが、そういった場合にも弁護士がいるなら、正しい対応を行うことができます。

いわば、『うまく言いくるめられてしまう』ということを、避ける事が出来るのです。後遺障害に関連して、先ほども挙げましたが、事故をその場で示談成立させてしまうのが危険であるというのは、この点にも関係します。

示談といっても、いろいろな方法がありますが、たとえそれが口約束であったとしても、成立させてしまった示談を覆すのは難しいでしょう。

紙面などで契約しているのであればなおさらです。ですから、正しい賠償を受けるためにも示談にせずに、もしなんら自分にはおかしいと思える症状がなかったとしても、そのようにするべきであるということが分かります。

そのような時に正しい対応を出来るかどうかという点は、その事故後の生活にも大きく関わってきます。

合わせて読む:相談してリスクを回避